お知らせ情報はこちらから

石垣島観光で絶対はずせないスポットNO.1の川平湾で映えGET!

まず初っ端に言っておきます。
石垣島に旅行にきて、ここに行かずに帰ったら

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/考え中micco狼.png

え?なんのために石垣きたの?出稼ぎ?サトウキビ狩って帰るの?

なレベルでアウトです!簡単な事前リサーチで必ず出てくるスポットなのに、本当にノーリサーチできちゃう旅行者意外といるんですよ。ホテルスタッフしてるときに、どこ行けばいいか聞かれておすすめすると

「そんなところがあるの~?」

とか暢気なこという人いて、本当↑のセリフみたいに思った事何度もあります。なので、このサイトを見たあなたが石垣島に行くときは、必ず行ってみてくださいね!

シンガポールでマーライオン見ずに立ち去る、台湾で小籠包食べずに帰る、ニューヨークでタイムズスクエア降り立たずに去るくらい、立ち寄らないのはもったいない!石垣島での必須スポットでーす。

ミシュランにも認められた石垣随一の絶景スポット「川平湾」

ということで、こちらが川平湾です!

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/chim-front2.png

「かびらわん」って読むよ~

この景観!無駄にはしゃぎたくなります。実際はしゃぐ大人たちであふれてます。 では 小難しいお勉強はさらっと簡単に↓

MEMO
川平湾(かびらわん)は、沖縄県石垣市の石垣島北西部にある湾である。1997年9月11日に「川平湾及び於茂登岳」として国の名勝に指定されている。2007年8月1日に西表国立公園が拡張され西表石垣国立公園となった際に、第1種特別地域に指定されている -Wikipediaより-

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でも、沖縄県内唯一の三つ星と評価されている場所なんですよ。

川平湾までのアクセス方法

市街地から車で大体25分~30分くらいで到着します。バスでも行けますが本数がそんなに多くないので、極力レンタカーなどの車移動がオススメです。
車ないからなぁ…という人は、自分で時刻表に合わせて市内バスに乗るよりも、バス観光ツアーに参加した方が効率的です♪

例えば、私の友人が遊びに来た時におすすめしたのがこういうバスツアー。

川平湾など島の名所をひと巡り!グラスボート割引券付!

川平湾、 川平公園玉取崎展望台、桃林寺、唐人墓などの主要スポットを巡ってくれるだけでなく、川平公園ではグラスボート体験割引価格で楽しむことができます。

自分でバスだけで移動すれば交通費はもっと安価に済むんですが、正直これだけのスポットを自力で市バス乗り継いで回ろうとすると丸1日かかるどころか、全部回るのも厳しいかもしれません。

なぜかというと、市バスがそんな頻繁に巡回していないからです。都会に住んでいると感覚が分からないかもしれませんが、石垣はそこそこ田舎町なんです…結構その辺不便なので、なめない方がいいです。

川平湾のフォトスポットで映えを狙う~!

絶景スポットに降り立ったなら、綺麗な写真も収めなければでしょう!ということで、トップの写真のようなものを撮るには↓の図の場所へ行ってください~。

Google Mapより

ここから撮るとこんな感じで、周りの木々と一緒に撮れてなかなかいい感じに写ります。

旅行会社のパンフレットや観光系の雑誌などにも、石垣島紹介ではかなりの高確率でこのあたりから撮った写真が掲載されています。

もうひとつは「川平公園展望台」

さきほどの場所から少し戻って右に歩いていけば、展望台っぽい建物があります。ここはさらに少し高台になっているので、全体的に見渡せる感じになります。

Google Mapより

こんな感じで、川平湾の綺麗な海と自分たちを入れれば、なかなかいい雰囲気の写真ができあがります♪

ビーチへも下りよう ♪

そして、もう一つはやっぱりビーチへ!遊歩道をつたっていくと、階段があって下に降りることができます。ここまで来て下りずに帰ったらめっちゃもったいないですよ。透明度の高い海はやっぱり近場で見た方が堪能できます。小さな魚がかなり波打ち際の近いところで泳いでいたりするのを見つけられるかもしれません。♪

ちなみに、透明度が高くて思わず「綺麗~~~!」って飛び込みたくなると思うけれど、川平湾は波は穏やかだけど、潮流が激しいので遊泳禁止となっています。スノーケルセット持参して飛び込まないように注意してください(笑)

泳がなくてもいい♪グラスボート遊覧で熱帯魚観賞

あと川平でよく楽しまれるアクティビティといえば「グラスボート遊覧」です。ボートの真ん中がガラス張りになっていて、水にぬれることなく水中散策を楽しむことができます♪

よく「そんなに綺麗に(透明度が低い)見えなかった」という口コミを書いている人がいるのですが、透明度ができるだけ高い状態で見たい場合は、波が高くない(天気が良くて風が少ない日)で満潮前後の時間帯に行くといいですよ。

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/chim-side2.png

たまに海が満ち引きすること知らない人もいるからね

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/nankuru-sideL2-1.png

いつ行っても満潮なみなみたぷたぷだ~って思ってたら潮引いてて「(ビーチエントリーしようと思って)楽しみにしてきたのに、なんで泳げないんだ!」って怒る人いたよね。

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/教えるmicco.png

マリン系のアクティビティを楽しみたいなら干潮・満潮は事前に調べて旅行スケジュール組んだ方がいいですよ!

さて、川平湾でグラスボートに乗るなら以下のショップがあります。
(さっき↑で紹介したバス観光だと、グラスボートが割引価格で楽しめます♪)

【川平マリンサービス】さん

女子旅や家族で行くなら、さらにお得なプランもあるよ 。

(2019年8月現在の情報です。リンク先で最新の情報を確認してからお申し込みくださいね♪)

店舗情報

店名: 川平マリンサービス(カビラマリンサービス)
住所: 〒907-0453 沖縄県石垣市字川平934番地
営業時間: 9:00(初便出発)~15分おきに出航~17:00(最終便出発)
定休日:年中無休(台風などの悪天候の場合は欠航の可能性あり)
交通手段/所要時間:市街地から車で約30分
駐車場: 石垣市営有料駐車場利用

【 まりんはうす ぐるくん 】さん

まりんはうすぐるくん

こちらは、ネット予約で20%オフになります。(※電話予約だと適用されないので注意!)また、普通駐車場は有料ですが、ぐるくんでグラスボート利用する人は、ぐるくん専用無料駐車場が使えます!

店舗情報

店名: まりんはうすぐるくん(マリンハウスグルクン)
住所: 〒907-0453 沖縄県石垣市川平926-5
営業時間:10時~19時(時期により変動あり)
定休日:年中無休
交通手段/所要時間: 市街地から車で約30分
駐車場:専用無料駐車場あり

当たり前だけど晴れた日がオススメ!

どこだって晴れていた方がいいに決まっているんだけど、ここ川平湾に関しては、曇っているとかなり残念な仕上がりに。

これはまだ雲がもくもくしているけど、海の色はかろうじて綺麗でギリセーフという感じですが、海の色さえ壊滅的な状態の日もあるので、できるだけ晴れている日を川平湾観光に充てるようにするのがおすすめです!

買い物とかスノーケルとかグルメとか予定もいろいろあると思いますが、数日滞在する予定で、1日しか晴れない!ってときは、事前の予定が買い物の日だとしても、全部ひっくり返してでも川平に向かってください(笑)それくらい天気によって景色が変わります。

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/chim-side2.png

買い物なんて雨でもできるしね!

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/nankuru-sideL2-1.png

スノーケルだってどうせ濡れるし
海の中は雨降ってても関係ないからね!

まとめ !

さて、石垣島観光での必須観光ポイント「川平湾」をご紹介しました。
私も住んでいた時は何度となく足を運びましたし、友人知人・家族が来るたびに連れて行きました(笑)

市街地から川平へ向かうドライブコースも晴れていると「うわぁーーー♪」と思わず叫びたくなるような絶景海岸線を通れるので、楽しいですよ。(こんな感じ↓)

石垣島を訪れた際にはぜひぜひ!立ち寄ってみてくださいね。
川平湾の近くには素敵なお店がいくつかあるので、それはまたご紹介しますね♪

スポット情報

観光スポット:川平湾(かびらわん)
所在地:〒907-0453 沖縄県石垣市字川平1054
営業時間:24時間(お店は閉まります(笑))
交通手段:車、バスで約30分
駐車場:有料駐車場あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)