お知らせ情報はこちらから

石垣島でインスタ映えなゲストハウスに泊まるなら「ちゅらククル石垣島」

ちゅらククル石垣島

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/yuru_neko1.png
さすらいさん

石垣島に旅行することになったんだけど、泊まるところはどうしようかしら?

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/chim-side2.png
ちむ

リゾートホテルいっぱいあるぞ!

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/yuru_neko1.png
さすらいさん

うーん、今回は観光がメインだから帰って寝るだけな感じなのよね。

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/nankuru-sideL2-1.png
なんくる

安宿、ゲストハウスー!

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/yuru_neko1.png
さすらいさん

うん…だけど、あまりに古い感じとか、清潔感がない感じは苦手なんだけど。 あとちょっと…ココ泊まってきた!って話したら話題になりそうなとことかが良いなぁ~的な…。

https://noalife11.com/wp-content/uploads/2019/08/教えるmicco.pngmicco

いいところあります!

私はゲストハウスが好きで、全国どこか行くとなったらホテルより先にゲストハウスで宿を探してしまうタイプなんですが、本当ここ10年くらいでゲストハウスめちゃめちゃ増えてきましたよね。

しかも、みんなそれぞれ個性があって「寝泊まりする」以外の楽しみがあるのがいいです。写真映えするゲストハウスも凄くおおい!

石垣島にもたくさんゲストハウスがあるんですけど、その中でも比較的新しく、賞もとったことのある宿を今回は紹介したいと思います。

私も実際泊まったのですが、「もっとゆっくり過ごしたかったな~」って思うほど居心地よかったです♪

こんな人におすすめ
  • ゲストハウスに泊まりたい
  • 汚いところや古いところは嫌
  • インスタ映えするところが好き
  • 漫画読むのが好き
  • 知らない人と交流するのが楽しい
  • 新しいもの好き

ゲストハウス「ちゅらククル石垣島」

ゲストハウスちゅらククル石垣島は、【グッドデザイン賞(2016)】受賞で話題なゲストハウスです。

客層は20代~30代がメイン(やや女子多め)な感じですが、プライベートな空間がなくても平気な方なら40代以上の方でも楽しめる宿だと思います。

また、ゲストハウスはここに限らずですが、インバウンド(外国)のゲストも多いので、異文化交流したい人にもおすすめです。

入り口はこんな感じ。ちょっと広めの階段が何段かあります。

木材を基調にしたオープンスペース

入り口を入ったらすぐ、オープンスペースが目の前に広がっていて、ウッドベースの空間に、ゆんたく(雑談&くつろぎ)スペースや、簡易ダイニングキッチンが共用としてあります。

旅行の計画を立てたり、その場に偶然居合わせたほかの旅行客とお話をしたり、島内で調達した島食材を使って簡単なクッキングを楽しんで食べたり…ということが自由にできます。

いや、ここまで大人数でわいわいは疲れるわ…って人は、自分のスペースに潜ってのんびりすればOK!

1000冊もの漫画本が読める♪ マンガコーナー

また、壁際には漫画が約1000冊も並ぶブックライブラリーがあり、好きな時に好きな本を手に取って、ソファでゆっくり読むこともできます。

最近増えてきましたよね、こういう本×宿泊スタイル。本好きな私にも嬉しいですが、旅行そっちのけで本をひたすら読んで1日が終わってしまいそうで、ちょっと怖いです(笑)

アクセスは離島ターミナルから徒歩約10分

ちゅらククル石垣島は、離島の玄関口「ユーグレナ石垣港離島ターミナル」から、徒歩約10分くらいの距離にあります。(一番下に地図載せておきますね!)

お土産屋さんなどを横目に眺めながら歩けば、すっごく遠い!!!と感じることはないと思います。先日紹介した、予約でいっぱい人気店ひとし」の本店に近いです♪

ただ、キャリーケース二つ持って背中に大きいリュック背負って…みたいな人はつらいかも。(そんな大荷物持って石垣に泊まりに来ることはあまりないと思いますけど(笑))そういう時はタクシー使ってもいいかもですね。

実際こんな感じ~

泊ったんですけど、実はちょっとスケジュールが慌ただしくて(笑)夜遅く、消灯後の地味ーーーな写真しかなくてすみませんが…。

オープンスペース

こんな感じで

…って分かるかいっ!!!

って感じですよね。奥の方両端に写っている扉がルームスペースへの入り口です。左が男性専用、右が女性専用の入り口扉です。

ええ…っと、写真しょぼすぎるんで、きれいな写真をご覧いただきましょう。

軽食つまみながら「どこから来られたんですかー?」とか、楽しく話している人たちがたくさんいました。私も話に混ざりたいー!って思いながら次の日も早かったし、シャワー浴びて早く寝なきゃ!だったので、参加できなくて残念でした。

ゆっくり本を読んでいる人もたくさんいましたよ。

奥には地に座ってくつろげるスペースも。ごろごろしたい~♪

ルームスペースもウッド調で落ちつく空間

ルームスペースも木材でスペースを区切っていて、まだ新しいので木の香りがして落ち着く空間でした。

私は今回上段部分だったので、こんな感じ。寝るには十分です。ただキャリーケースとかだと置く場所がないので、下に置く感じになるのかな?私は大きめのショルダーバッグ1つだったので個室の中に置いてました。

海の生き物マンタとかの絵がかいてあって可愛いんです

…って暗くて分かるかいっ!!

って感じですよね、ごもっとも。こちらも美しき写真のほうをご覧いただいて。

こんな感じで、下段と上段の入り口がちぐはぐにしてあるので、お互い出入りしやすく、ぶつかりにくいのも良いデザインです。見えにくいかもしれませんが、ロールカーテンがおろせるので、閉めれば中は見えなくなります。

ちなみに、私みたいに夜おそーく帰ってきたり、朝はやーく出ていく人は

こんな感じでチェックインの時にカードを貰えるんですけど、自分の部屋番号と赤い線で消しているところが、裏出入り口の暗証番号が書いてあります。

7時~24時まではスタッフがいますが、それ以外の時間は入り口も鍵がしめられて出入りできなくなるので、裏出入り口を利用することになります。

私が泊まったときのトラブル

実は、私が泊まったとき、ちょっとしたトラブルがありまして。

シャワーを浴びようと思ったら、水がほとんど出てこなくて、お湯も当然のように出てこなくて…。私はすでに裸でシャワールームに入っていたので、えーーーっ…て感じで、もう面倒で山のちょろちょろ出てくる湧き水のごとくの水量で、なんとか身体と髪を無理矢理洗って出たんですけど、ほかの子たちがスタッフを呼んで水が出ないことを訴えてたんですね。

でも、その場ですぐ解決できることではなかったぽくて、グループホテルに「石垣島ホテルククル」があるので、今からそちらに行ってシャワー浴びてください。言えば入れてくるんでって言ってて…。

えーーー…ってなりましたよね。その時もう23時くらいだったし、治安悪いわけじゃないけど、夜遅くに客を外に放り出すなんて…。

それにグループ店まで徒歩で5分以上かかるんですよ。シャワー浴びたとして歩いてまた帰ってきてたら、汗かくし何のためにシャワー浴びたのか結局分からない状態になるじゃん…と。

ホテル側の設備不良なんだから、車で送り迎えするとかそういう配慮があってもいいかなと思ったんだけど、出ないならそっちではいってね!な感じだったので、ちょっと微妙な感じでした。

私は無理矢理シャワー浴びたけど、その子たちは結局歩いてシャワー浴びにいったのか、風呂入ること自体を諦めたのか分かりませんでした。

時折こういうことが発生するのか、今回たまたまなのかは分からないですが、もしこれが時折起こっていることなら、シャワー浴びる前に服着た状態で水量確かめた方がいいかもしれません。

色んなゲストハウス泊まってるけど、こういうことに遭遇したことがなかったので、少しびっくりしちゃいましたね。他の部分がいいので、これは勿体ないなと思いました。

シャワールームもウッドベースで心地は良いです。宿泊者以外の人も有料で使うことができるそうですよ。

宿泊可能年齢があるので注意!

ちなみに、こちらは※12歳以下のお子様は保護者同伴有無に関わらず、泊まることができません。その場合は、下の項で書いている石垣島ホテルククルをお勧めします。

予約時に注意!ククルは3つある!?

実は、石垣市内でこの「ククル(沖縄の方言で「心」の意味)」という名前の付いた宿泊施設は、あと2つあります。

石垣島ホテルククルスカイククル石垣島なのですが、どちらもゲストハウスと同じ経営元が運営している施設です。

むしろ前営は石垣島ホテルククルの方で2009年オープンしたホテルです。ゲストハウスよりも離島ターミナルから近いことや経営歴の長さからの知名度で、こちらも多くのゲストが泊まりに来る人気ホテル。 (2018年にはじゃらんから賞もらってます)


もう1つのスカイククル石垣島は、今回紹介しているゲストハウスと同じ場所にあります。

8階建てのマンション(1階がゲストハウス)の最上階にスイートルーム1室、上層階に1LDKの部屋が1室、同じく上層階に3DKの部屋が3部屋あり、コンドミニアムスタイルのアパートメントホテルです。(↓スライドすると部屋の様子も見られます)

こちらは全室キッチンや備品、洗濯乾燥機を完備。1泊から長期滞在まで、暮らすように滞在したい人にはピッタリ

特に最上階はめちゃめちゃお金持ちになった気分になれると思います(笑)インスタ映えする室内だけでなく、ウッドデッキに出たときの石垣を見渡せる景色も絶景。

最大8人まで泊まれるみたいなので、もし仲間内や家族でそのくらいの人数で泊まれば、1人1万くらいで、この絶景が手に入るという素晴らしさ。

私は今回1人で泊まったのでゲストハウスにしましたが、友人や家族となら是非スカイククル石垣島の方にも泊ってみたいなと思いましたね。

ということで、それぞれの予約リンクを貼っておいたので、以下から予約すればククル間違い(笑)することはないと思います!

ホテルによって予約サイトに取り扱いのないところもあったので、予約可能なサイトだけピックアップしておきました。お好みor普段使っているサイトを選んで予約すればOKですよ♪


  • ゲストハウス(今回私が泊ったところ)
  • 他の人とコミュニケーションとりたい。
  • 時間あるとき漫画をゆっくり読みたい。
  • 人の気配ある方が落ち着く人はココ♪
  • 離島ターミナルからとにかく近いほうがいい
  • もしくは、12歳以下の小さな子どもがいる
  • やっぱり独立した個室が安心できる!って人はココ!
  • 景観がよく、室内も広くて豪華!
  • 周りに気を遣わなくていい完全アパートメントタイプ
  • 買ってきた食材で料理作ったりしたい
  • 住んでいるように旅したい場合はココ!

まとめ! アクティブもゆっくりもどっちもOKの宿

ということで、ゲストハウスちゅらククル石垣島

ターミナルからは少し離れているんですが、徒歩でぜんぜん行ける距離なのでアクセス的にも悪くはないと思います。

離島ターミナルから近いゲストハウスだと、もっと安い(1500円~)ところもあるんですけど、若干古臭かったり清潔感が感じられなかったりするところも多いんですよね。

ゲストハウス=激安宿でしょ!って人は価格重視で選ぶと思うんですけど、私の場合は比較的安く泊まりたい、ほかの旅人と交流したい、でも汚いのはちょっと…快適に過ごしたい!という(わがまま?(笑))タイプなので、できるだけ綺麗な所!それで価格が多少高いのは問題ないって感じです。それでも普通のホテルやリゾートホテルに泊まるよりは断然格安ですからね。

ホテルを楽しむために滞在する場合はリゾートホテル一択ですが、観光メインで宿の滞在時間が短い場合はゲストハウス(もしくはカプセル型ホテル)をよく利用します♪ ここは、漫画もたくさんあるし、そのどちらも楽しめるっていうのがいいなと思います。

ゲストハウス基本情報

ちゅらククル石垣島

店名: ゲストハウス「ちゅらククル石垣島」
住所: 〒907-0024 沖縄県石垣市新川23 1F
℡: 0980-87-5558
営業時間: 7:00~24:00
定休日: 年中無休
決済:カードOK
交通手段/所要時間: 離島ターミナルから徒歩約12分
駐車場:あり

参考 ちゅらククル石垣島 HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)